「インフルエンサーと憧れが世間を変える」とは一体どういうコトなのか

みなさんこんにちは、最近やりたい事が多すぎて、そして色んな事に手を出しすぎて1日24時間では全く足りない私です。(言い換えると要領悪い

そんな私ですが、最近 ”影響” という事について少し考える機会がありました。
特に一個人が世間/大衆に与える影響について。
と言うのも、「インフルエンサー」と呼ばれる人の影響力を目の当たりにしたのです。

(*メディアでも良く目にするのでご存知の方も多いかと思いますが、この「インフルエンサー」と言うのは英語のInfluence:(影響)という言葉が元で、世間に与える影響力が大きい人物のことです。一昔前だと「カリスマ」なんて言葉で形容されていた様な人物に使われる事が多い気がします。)

きっかけは最近始めたばかりのTwitter。
Twitter上で唯一のリア友である美人ブロガーのTちゃんがフォローしていたのをきっかけに、私はとある方をフォローし始めました。
(*Tちゃんのブログはこちら

とある方、と言うのはドイツはベルリン在住の漫画家・イラストレーターの高田ゲンキさん。
浪人、就活拒否、インド放浪、バンド活動、などかなりエキサイティングな経験を経た後にイラストのお仕事をされている彼は、フリーランスやノマドという働き方、海外移住、ベルリン生活の様子、IT情報などをブログやコミックで発信しておられます。
中でもライフハックで行こう💡というコミックエッセイは無料で公開されており(Think It というサイトでも連載されています。)こんなに面白い漫画がタダで読めちゃって良いの?! と毎回思ってしまう程充実した内容。

しかもフリーランス、海外在住、イラスト、このピンポイントだけ掻い摘むと私と完全に一致

勝手に親近感も沸き、すぐにファンになりました。

…もちろん言うまでもなくゲンキさんは大成されており、月収2万の私が親近感を抱く様な対象では無いのですが、まあ細かい事は気にしなさんな。←←

そんなゲンキさんにあるユーザさんがこんな質問をしていました。

グラフィックデザインを勉強したいが、何から始めるべきか”。

タブレットでお絵かきに挑戦してみて、仄かに ”デジタルで描くのも楽しいかも〜” なんて思い始めた矢先だったので、タイムリーな話題にwktkな私。・:*+.\(( °ω° ))/.:+

質問した方は ”短期コースや学校に通う以外の方法が浮かばない” と仰っていたのに対しゲンキさんは

学校には行かず、ネットや本のチュートリアルを最大限に活用し、その分機材にお金をかけて独学することを勧めます

といった内容で返信されていました。(実際はもっと詳しく書かれています。その辺はゲンキさんのブログ記事でも書かれていらっしゃるので、興味のある方はぜひ。)
私はそれを読んで凄く腑に落ちた感があったので、思わずリツイート。

以下私のツイート↓
https://twitter.com/HELLO_and_GDBY/status/890255873657917441

そうするとですね、なんと!!!!
ゲンキさん本人がこれをさらにリツイートしてくれると言う、スーパーミラコー✨が起きます。

Twitter初心者の私はフォロワさんも少なく、ツイートしても1、2人の方からの反応があるか、ないか…と言った具合なのですが、ゲンキさんがリツイートしてくださったお陰で私のツイートに17人もの方が ”いいね!” を下さり、フォロワーさんも10人程一気に増えました。

Twitterを始めたのが確か4ヶ月程前。
私のフォロワーさんは50人だったので、単純計算すると1ヶ月で10人ちょいのペースで増えて来てた事になります。
それがゲンキさんがリツイートしてくれたお陰で、1日の間にドドンと一気に10人増えた訳です。

これですよ。まさにインフルエンサー!!!

ご本人は ”まだインフルエンサーと言うほどでは無いですが〜” とご謙遜なさっていましたが、これは正真正銘インフルエンスですよね。

以前はインフルエンサー=芸能人と思っていた頭カラッポの私ですが、こう言う流れを直接体感した事により、影響力の可能性がとても広い事を再認識しました。

私は日頃から小商い人として、少しでもポジティブなインパクトを残せる様な仕事の在り方を追求したい、と思っています。それはお客様に気に入って貰える作品を作る、と言う事以外にもオーガニック材料を選ぶ、梱包資材は再利用、ローカルビジネス、スモールビジネスからマテリアルを仕入れる…等、社会や人、環境に対してプラスに働く選択の事です。
そして購買を通しても何かGive Back出来る事をしたい。

例えば以前製作したこの”Humble Bee” ポーチ。

売り上げの5%を地元の養蜂場に寄付します!🐝
という設定をしました。
InstagramやFacebookでも(少額ではありますが)有料広告を出してみましましたが、反応はゼロ。

今ハチが置かれている状況と、それがもたらす悪影響ってかなり深刻なレベルに来てるけれど、私が発信した位では正直半径3m位のインパクトしか無いんです。
でも、もしこれが影響力のある人が発信した物だとしたら、結果は勿論違う事になっていたでしょう。

ロングバケーション/オレンジデイズなどの人気ドラマを手がけた脚本家の北川悦吏子さんが以前言った「世間を変えるのは説教じゃなくて憧れだと思う」という言葉を思い出しました。

確かに難しい顔をした政治家の人が口角泡を飛ばしながらする演説を聞くよりも、中田ヒデさんが「今日は恵まれない子供達の為にチャリティーオークションをします。協力してください」って言った方が多分速攻性があるだろうし、それはやっぱり人が彼を「かっこいい」とか「尊敬する」という憧れを持ってるからだと思うんです。
(これはあくまでも例えで、政治家の人の説得力が無い、という話では無いです。)

スーパースターになるんだ俺は!🕺✨

と言う野望は特に抱いていませんが、私に(Hello & Goddbye)にもっと認知度や人気があれば、それを利用して自分が広めたい事をもっとインタクトに遂行できる。

蜂だけじゃなくて、もっともっと世の中に沢山の問題や課題が山積みです。
私ひとりでは、とてもじゃないけど、解決できない。

でも環境や人に対するプラス面を増やす購買や消費の形を、Hello & Goodbyeを通じてデリバー出来る様になるのが夢です。

今の所月収2万なので(しつこい)自転車操業もいい所…というか、ほぼ赤字なので(w)正直
寄付に回してる場合じゃない!と言うのが本音です。だからこそ余計に、ちゃんと生活が回る位収益を出せるように頑張ろう、と思うのです。

そしてこの姿勢や私の作品が色々な方に認められて、Hello & Goodbyeがインフルエンサーになる日まで、応援していただけると嬉しいです!

*蜂とHello & Goodbyeを応援したい!🐝
という方は”Humble Bee” ポーチこちらからご購入頂ます。

カスタムオーダーも絶賛受付中ですので、Hello & Goodbyeのウェブサイト、もしくはEmail handgbytheartsyasian@gmail.comからお問い合わせください!🙇

みなさんも何か良い ”影響” 受ける人やモノに出会えますように!
それでは良い1日をお過ごしください〜!
-The Artsy Asian

↓ランキングに参加しています。ハチよ、助かれ〜!H&G よ広まれ〜!の応援クリックして頂けると泣いて喜びます