Oak Harborに来たら絶対寄りたい、おすすめコーヒーロースター

みなさんこんにちは、
「今日はブログに何書こうかな〜」
とボヤいてるとアンさんが
Honeymoon Bayについて書きなよ!!!」
と提案してくれたので、その案を採用する事にしました。

Honeymoon Bayは私たちの住む小さな町Oak Harbor(オークハーバー)にあるコーヒーロースターの名前。☕️

我が家で飲むコーヒー豆は毎回Honemoon Bayで調達しています。

せっかくだから写真付きで紹介したいな〜と私が言うと

じゃあ今から行って写真を撮ってこよう!!!

という事になり、いそいそと身支度を始めた暇な私たち。
なので、今日の記事に使う写真は、撮れたてホヤホヤです。

そんなHoneymoon Bayですが、ロースターと名乗っている通り店内でコーヒー豆の焙煎をしています!

私たちの住んでいる街 Oak Harborに1店舗、それからClintonという街のフェリーターミナルに小さな屋台(?)を出しているそうです。

店内の客席数は5つ程の、とてもこぢんまりとした店構え。
外から見るとこんな感じです。


引越して来たばかりの時にココに行こうとしたのですが、あまりにひっそりとした佇まいの為、見つけるのに凄く苦労しましたw

お店に入るとまず目に入るのが、大きなロースターです。
どーん。


今日の焙煎はこれからなのかな?
焙煎中に行くと、コーヒー豆の良い香りが店内/外に漂っています。
違う角度から。

かっこいい!!
インダストリアル感溢れる無骨なアイテムって素敵ですな〜。

実は私、ケーキデコレーターのお仕事が決まる前に、こちらのカフェのアルバイトに応募した事があります。
でも何故か何の音沙汰も無く、スルーされました。
チクショー!←

こちらが豆のパッケージングエリア。

こちらがレジ/バー回り。

私の元バイト先 であるオーガニックスーパーのHaggenにもコーヒー豆を卸している様です。

店員さんはレジ/バーとパッケージングエリアを行ったり来たり、忙しそう。

焙煎前の生豆が入っていた麻袋が1つ2ドルで買えます。

ちらっと見えている黒板に書いてありますが、豆カスは無料で貰えます!
ガーデニングや家庭菜園用に貰って行く人が多い模様。🌱

Honeymonn Bayのあんまり可愛くないオリジナルTシャツやパーカーも売ってます。

さすがワシントン州はスタバやタリーズの発祥の地という事もあって、カフェが多い!

カフェのみならず、コーヒースタンドと呼ばれるコーヒー小屋(?)が本当に至るところにあります。
こんなやつ。

ガソリンスタンドに併設されてる事が多いです。
中には、ビキニ姿のお姉ちゃん達がコーヒーを作ってくれる、セクシースタンド(?)もありますw
(冬とか凄い寒そう…)

スーパーのコーヒー豆売り場も、本当に種類が豊富!
パッケージもオシャレなものが多く、私たちもいくつかパケ買した経験がw
そして普通のスーパーでも豆を挽くミルが用意されてある事が多いです。

これはHaggenのコーヒー豆売り場に取り付けられているミル。

種類によっては量り売りもしてるので、新しい豆にもトライしやすいです。
これって日本のスーパーでは、あまり見かけないシステムですよね?

カルディーとかに行けばありそうな気がするけど、さすがにイオンではやってなさそう。←
ちなみに私は、

違いが分からない女キリッ

なので、酸味が少ないコーヒー豆ならなんでもOKです。←

The Artsy Asian
それではみなさん、今日も良いコーヒーライフを!
ブログランキングに参加しているので、応援のクリックして頂けると泣いて喜びます!