英語中級者に絶対やって欲しい、ネイティブレベルに近づく英会話上達法

こんにちは、シアトル在住手描き作家/英会話講師のSAKURACO(@HELLO_and_GDBY)です!

頑張って英会話レベルを中級まで伸ばして、日常会話ならできる様になった!
でも細かいニュアンスが伝わらない & 深いディスカッションになると言葉に詰まり、同じ表現ばかり使ってしまいマンネリ気味…という人に朗報です!

アメリカ人から「アメリカ人だと思った!」と言われテンション爆上げ中の私(生まれも育ちも日本!)が、どうやって中級レベルのハードルを乗り越えて来たかをシェアします!!

*この際、アメリカ人だと間違われた理由が:タトゥーもりもり、髪の毛の色が紫で鼻ピアスつけて、Fワード連発してるからかも知れない。という可能性はスルーしてくださいね☺️にっこり

アウトプット編

1. 王道の「I=私」を封印する

日常会話を頻出するI think / I went to/ I want to/ I like などの表現はとても便利な反面、続けて使ってしまうと箇条書きっぽく、稚拙な印象を与える場合があります。

日本語でも「私は」を連発していると、小学生の作文の様な響きになってしまいますよね?

例えば

I think Tom Cruise’s new movie looks good, so I want to go see it
(トム・クルーズの新作映画が面白そうだから、見に行きたい)

これを、主語を変えて似た様な文章にしてみます。

The new Tom Cruise’s movie trailer looked good, it made me wanna go see it.
(トム・クルーズの新作映画の予告が面白そうだから、見に行きたくなった)
 


主語を”The new movie“に置き換え、I wanna go see の代わりに ”it made me wanna go see” に変えてみました。

この様に少し変化を加えるだけで、だいぶ印象を変えられます。

2. 文章をシャッフルしてみる

主語を変える事に慣れるために文章をシャッフルするのがオススメ!

例えば

  1. I think online banking is convenient to a lot of people
    (ネットバンキングは多くの人にとって便利である)
  2. The convenience of online banking is beneficial to a lot of people
    (ネットバンクの利便性は多くの人に有益だ)
  3.  The benefit of online banking is its convenience to a lot of people
    (ネットバンキングの有益さは、その多くの人々への利便性にある)
  4. A lot of people benefit from its convenience of online banking. 
    (多くの人がネットバンキングの利便性を受益している)
  5. A lot of people use online baking beneficially .
    (多くの人がネットバンキングの利便性を有益に活用している)

このエクササイズの素晴らしさは、主語によって単語の形態を変えなければいけないので、必然的に名詞系、動詞系、形容詞系、そして時には副詞系まで使い倒せるという所。
(②のbeneficialは形容詞系、③のthe benefitは名詞系、④のbenefitは動詞系⑤のbeneficiallyは副詞系)

3. 単語を”頭良さそうな感じ”の物に変えてみる

日常英会話で良く登場する think / get / have / use などのシンプルな単語を、あえて小難しい単語(←)で言い直してみましょう!

例:ベーシックな単語→アドバンスした単語

 need → necessary

understand → comprehend

give → provide

have → posses

make → construct

point out → address

think → consider

agree → consent

right → accurate

use → consume

guess → assume

move → relocate

build → assemble

see → identify

allow → permit

例文

LED light uses less power (LEDは省エネだ)→ LED light consumes less energy.

I moved to Germany last year. (去年ドイツに引っ越した)→I relocated to Germany last year. 

この様に、意味は同じでも少し単語を変えるだけで「頭良さそ〜う」な感じになるのです(キリッ)←

慣れてきたらステップ1、2のエクササイズと合わせて主語を変えつつ、さらに単語もアドバンスな物にスイッチ。

I don’t understand (わかんない)→ It’s beyond my comprehension(*それ私の理解を超えたわ)

You need to have your parents agreement. (親の承諾が必要だ)→ It requires parental consent. 
 

 *そのまま置き換えると不自然になってしまう事もあります。そのため、状況を見て文章をアレンジしなければいけないので、まさに中級英語を上級まで引き上げるのにピッタリ!!

4. ロールプレイとディスカッションでネイティブ気取り

日常会話はイケるんだよねえ〜…でもそれ以上のレベルの高い会話がどうしてなかなか…
という方、「日常会話以上のレベルの高い会話」というのは実際の所どういう物でしょう?

  • ビジネス英語
    商談・ミーティング・プレゼン・企画の指揮
  • ディスカッション
    政治、経済、世界情勢、テクノロジー、宗教、社会問題
  • 専門的なニッチ系

などが当てはまるかと思います。

では何故こういった話題の敷居が高いのでしょう?

普段話す機会がないから、ではないでしょうか?
逆に言うと、普段からこういう事を話してさえいれば、それイコール日常会話になります。

そうなんです、普段から話せば良い。ただそれだけの事!

オンライン英会話、ランゲージエクスチェンジやカフェで英語レッスンが受けられるサービスやアプリを活用し ”非日常会話” を話す機会を作りましょう!

「何を話したら良いの?」という人は、無料の教材からトピックが選べるDMM英会話がオススメ◎
(無料体験レッスンもありますので、気になる方はこちらから予約できます。私も講師をしてますのでサクラコと検索してくださいね💡)

私も個人でマンツーマンの英語アウトプットサービス「CHILL TALK」の提供を始めました!ぜひご利用ください😇

そしてディスカッションでは自分の意見を言語化するという作業が必要なので、それがハードルになってしまう場合は「ロールプレイ」に切り替えてみましょう!

最初から場面や流れ、設定を固定しておく事で「内容を考える」という行程をある程度を飛ばし、英語表現に集中できます。

ロールプレイの設定の例

Your are giving a presentation about changing a supplier of your company.
Address the issues with the current supplier and explain the benefit that the new supplier will be able to bring to your company.

(あなたは、自社商品の供給元を変える事についてプレゼンします。現在の供給元の問題点と、新しい供給元がどのように会社に利益をもたらすか話してください)

この様に具体的なシチュエーションが明示されていると、言う内容のゴールが見えてきやすいかと思います。(DMM英会話の無料教材の中にロールプレイが練習出来るものが沢山あります!)
また、ロールプレイは順序立てて理路整然と話す練習にもなるので、英会話上級者まっしぐら!🐈🐈

もし対人のアウトプットがどうしても難しい様であれば、独り言でもOK!!
一人二役だって良いんです!とにかく「くち」を使ってあげましょう!

5. 恥を捨て去り録音/録画する

なかなか気が進まないかも知れませんが、自分の発音の癖や間違えた箇所を把握するのに録音は非常に効果的です。

まず英語会中だと緊張していたり、英語を話す事に精一杯で「自分がなんて言ったのか覚えていない」という事って多いですよね?(私もその一人です…)

そこで録音/録画すれば、細かな発音や文法の間違いや、相手の方がどう言う表現を使って反応や説明をしていたか、という細かな所をじっくり振り返れます。
録画であれば、自分の口の動きや表情も見返せるという利点も◎

録画の有用性に気づいた私は、学習中の言語で撮った動画をシェアするTwiter上の企画「#はぴログ」なるものに挑戦しています!

*#はぴログ は自分の言語スキルの振り返り、モチベーションアップ、他の学習者と繋がる…等が趣旨の様です。

自分の動画を見返して気づいたのは「思ったよりも全っく口を開いてない」と言う事。
私の頭の中では、この三倍は開いているつもりだったのですが、現実は違ったようです…orz

こういう事も動画だからこそ気づけました。ぜひ冷静に自分の英語力を分析するツールとして活用してみてください!

もちろんシェアするのに抵抗がある人は、ご自分で振り返るだけでも問題なし!

他の英語学習者さんと繋がりたい人は、Twitterで #はぴログ タグと、もし良ければ私@HELLO_and_GDBYにメンション飛ばしてくださいね〜😚

インプット編

1. ボキャブラリー強化には ”シソーラス”一択!

中級レベルの人はある程度ボキャブラリーが構築されているので、やみくもに暗記するよりも、すでに知っている単語から枝分かれするように覚えて行く方が効率良し◎

そこでオススメしたいのが英語の類語辞典
頑張って英語を伸ばして来た方なら感じてると思いますが、英会話はどれだけ英語脳を鍛えられるか、に掛かっています。

その為には英語は英語のまま捉えるというのが鍵。
なので英語の類語辞典がオススメなのです◎

*ちなみに類語は ”synonym” 類語辞典は “Thesaurus”といいます。

アウトプット編にあった「ベーシックな単語を小難しい単語にチェンジ」するためにも類語辞典は欠かせないツール。

私が良く利用するシソーラスはthesaurus.com
シンプルで非常に使いやすい!

では “see” という単語をシソーラスで見てみましょう。

一番上の検索バーの横に【synonyms】(類語)の表示があるのを確認してから、単語をタイプして検索します。(”definition” モードにも切り替え可能。そちらは普通の辞書)


虫眼鏡アイコンをクリックすると、検索結果がずらり。


上のタブにそれぞれ異なる使い方が振り分けられているのが便利!

seeであれば「目で見る」と言う意味の他にも「理解する」などの使い方もありますので、使い道に沿ってタブをワンクリックするだけで絞り込みができると言う訳です。💡

こんな感じ

こうしてただ単語を暗記するのではなく、枝葉を分けて行くスタイルだとストレスもミニマムに抑えられるんではないでしょうか?!

大事なのは、類語辞典をみて「なるほど、こういう言い回しもできるのね。御意。」と満足してしまわない事!

以前書いた「英会話力を上げる7STEPS」という記事でも触れましたが、単語は記憶に新しいうちに最低でも20回、もしくはそれくらい使ってやるっ!という勢いで積極的に取り込んでいきましょう!😇

2. 好きな事を、ひたすら英語で情報収集

これなんです。

好きな事や興味のある事柄であれば、英語を読んだり聞いたりする事よりも、その向こう側にある「知識を得る」ことに焦点が置かれるので、必然的に理解度/集中度が高まります。

@ciotanさんがこのツイートで仰っているように、ブログ記事がオススメ!

英語ブログの良い所

  • 新聞や専門書ほど硬い文章じゃない
  • 適度なユーモアが盛り込まれている
  • 他のソースへのアクセスが簡単(ブログ記事だとリンクやソースがまとまっているが、新聞雑誌は筆者が得た情報しか載っていない場合が多い)
  • 同じような趣味趣向の人(ブロガー)をピンポイントで探せる
  • 新聞や雑誌では取り扱いが少ないニッチな趣味・話題も豊富
  • 似たような記事を書いている他のブロガーを探しやすい(大抵ブロガーのSNSで他のブロガーと繋がっているため)

分かりやすく情報が整理されているブログ記事は、カッチカッチの超上級者向けの新聞英語では疲れちまう〜という上級者一歩手前あなたにぴったりなのです!!

3. シャレオツ写真だけじゃない、英語学習にも使えるPinterest

Pinterest(ピンタレスト)は気になる情報を画像でブックマークできる、いわばスクラップブックのようなサービス。

英語でのコンテンツ検索力がハンパ無いのが特徴。

画像がメインだと思われがちですが、同じジャンルの情報をひとまとめに検索できる、情報収集ツールとして最強といっても過言ではないです!

例えばテック系がお好きな方なら「tech gadget」と検索するだけで、こんなに魅力的なコンテンツがずらり。

きになる画像をクリックすると引用元へ飛べる仕組みになっています。


引用元はだいたいブログやキュレーションサイトである事が多いです。

「life hack blog」や 「fashion blog」などブログ縛りで検索することも、もちろん可能💡
あとで読もう〜、とストック出来るので「あの記事、どのブログだったっけ…😓」となる心配もありません。

*ストックする事をアプリ上は ”ピンする” といいます。

似たようなコンテンツをワンタップで表示する事も出来るので、これさえあれば読み物には事欠かないでしょう!

4.リスニングと語彙強化には英語のポッドキャスト

無料で使い倒せる最良リスニング教材といえば、ボッドキャストが間違い無し!
(*ポッドッキャストとはインターネット上で聴けるラジオの事)

アメリカはポッドキャストが凄く人気で、プログラムもニュース、コメディ、朗読やサイエンスなどなど豊富なジャンルが網羅されています。なので、お好きな番組が必ず1つは見つかると思います!

ここで忘れないで頂きたいのが「自分の興味のある題材を選ぶ」という事。

とりあえず最近のニュースでも…と受動的に聴いていても右から左へ流れて行ってしまう可能性が高いので、少しでも好きな分野で探してみてください!

また、会話の中の受け答えが参考になるので「対話式」の番組がオススメです◎

私は The Minimalist というミニマリズムを広めている二人組のポッドキャストが好きで良く聴いています。
The Minimalist のポッドッキャストは▷こちら
iTunesからはこちら

The Minimalistの片割れのJoshuaはライターでもあるので、とにかく語彙力が半端ない…!
彼らの洗練されたトークスキルからは学べる事が非常に多いのです。

そして、実は私もアメリカ人夫と英語のポッドキャスト「UNCURATED TALK」をやっております。
 “Small Talk” の枠をでて「ちょっと突っ込んだ話題を気ままに語る」というスタンスで、題名にある通り「キュレートされていない=生の話」ですので、二人の発言にあまりフィルターがかかっていません。w

PODCASTページはこちら
iTunes/Podcastアプリで聞く方は▷コチラ

ただ日常会話の一歩外へ踏み出すには丁度良い温度感かと思うので、ぜひ聴いてみてくださいね😇

その他オススメのPodcastはコチラにまとめてあります▼

ガチで英語の表現力を鍛える!ネイティブにも人気のおすすめポッドキャスト5選

2019.01.08

まとめ

  1. 主語を変えて小難しい単語を入れてシャッフル
  2. ディスカッションやロールプレイで非日常トピックも網羅
  3. 英英類語辞典でボキャブラリーをランクアップ
  4. pinterestを駆使して好きな事を英語で情報収集
  5. ポッドキャストで耳慣らし

これを反復練習していけば、あなたもネイティブに間違われるくらいペラペ〜ラになれます!!
私が証明ですっ!!!(キリッ

また繰り返になりますが、アウトプットは必ず「口を使う」という事を意識しましょう!😇
でないと、頭でっかちのペーパードライバーならぬ、ペーパースピーカーになってしまいますので。

最後に、中級レベルまで頑張って英語を学んで来たあなた。

流暢に話してる人をみて「自分の英語はまだまだだな…」

わからない単語や言い回しに出会って「また分からないや」

Supporters of expansion are cautiously optimistic.という文を見て「はあ?」

と思ったりする事もあるかも知れません。(最近の私です

でも今まで一生懸命頑張って来たから「I will not can make it tomorrow」という文が間違っているな〜っていうのが分かるようになったんだと思います。

頑張ったからこそ「I won’t be able to make it tomorrow」って言えるんですよ!

それって本当に凄い事なので、ぜひ自分を褒めてあげてください!

もし英語を練習する上で分からない事や、お悩みがあったら気軽にコメント、SNSからのメッセージ、お問い合わせしてくださいね〜!

SAKURACO
それでは、今日も良い1日を!
ブログランキングに参加しているので、応援のクリックして頂けると泣いて喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です